Go to contents
Go to contents

Star Spotlight

SHINHWAの名前で神話をなす!!

  • 0

昨年4年という空白を破って'SHINHWA(神話)'の名前に帰ってきたエリック/ERIC、 ミヌ/M(イ・ミヌ),シン・ヘソン, キム・ドンワン,チョンジン,そしてアンディ/ANDYは時間の流れが顔負けするほど、'完璧'そのものを示し、成功的にカムバックした。

デビュー後,ずっと'SHINHWA(神話)'であってこそ可能だったパワフルでスタイリッシュな舞台ポモモンスを披露し、大衆を魅了したSHINHWA(神話)が4年ぶりにまた集まって成功的なカムバックを見せてくれることまで、国内の歌謡曲界史上その誰もよってできない''onlyoneSHINHWA(神話)'であることを示した'チャプターI'の時間だったら、5月16日発売する11枚目アルバムは'SHINHWA(神話)'として見せられる新しい'チャプターII'の始まりを知らせる一歩となろう。特にデビュー15周年を迎え、3月に持っていた'SHINHWA(神話)15周年記念コンサート'を盛況のうちに終えたSHINHWA(神話)はこれでSHINHWA(神話)にとても特別な2013年の開始をファンたちと一緒にする意味深い席に記念することができた。

SHINHWA(神話)の11枚目のアルバム[THECLASSIC]

'古いことが決して古いものがない時が流れるほど、価値をもっと認められる'名品'ということを示す'はエリックの言葉のようにCLASSICしたSHINHWA(神話)で、SHINHWA(神話)を代表する名曲たちを盛ってアルバムを発売する。

SHINHWA(神話)の11枚目のアルバム[THECLASSIC]は昨年SHINHWA(神話)10集アルバムのタイトル曲'VENUS'を作曲してSHINHWA(神話)カムバックの成功的な帰還を率いた英国最高ミュージックチームアンドリュージャクソン(Andrew Jackson)チームが参加してBon Joviと嵐など世界的な歌手のヒット曲を作曲したスウェーデンのナンバーワンの作曲家サムエルウォーモ(SamuelWaermo)とロバート・ベダディ(RobertVadadi)、そしてイ・ヒョリの'テンミニッ'を作ったキム・ドヒョン、シン・ヘソンの正規4集アルバムタイトル曲'チェガクチェガク'などを作曲したアンヨンミン、SHINHWA(神話)の'OnceinaLifetime'を作曲したブライアン・キム、SBS KPOPstar2'TOP3を記録し、実力派作曲家として浮上した'アンドリュー・チェなど言葉そのまま国内・海外最高のミュージシャン達が参加した、内攻深い完成度を持つ作品だ。

この曲はSHINHWA(神話)の8のアルバムのタイトル曲OnceinaLifeTimeの作曲家ブライアン・キムが作詞して、10アルバムのタイトル曲'VENUS'を作曲した英国の作曲家アンドリュー・ジャクソンとプロデューサーリメクコチョン(LeeMcCutcheon)チームがSHINHWA(神話)のためにプレゼントした'最強ダンストラック'。夢幻的な感じの導入部とトレンディなビットが目立つエレクトロニック・ジャンルの'ThisLove'は‘‘この愛'を勝ち取るため、毎日を生きてみて、果てしない恋を夢見る'は'愛'に対する溢れる情熱を表現する曲である。 特に作曲家アンドリュージャクソンチームは昨年SHINHWA(神話)に'VENUS'をプレゼントした後、SHINHWA(神話)の音楽に夢中になって今回の新しいアルバムに先にラブコールを送ってタイトル曲‘‘ThisLove'を伝えて、後半ミックス作業まで直接参加する熱意を見せ、名曲を誕生させた。

SHINHWA(神話)のThisLoveミュージックビデオ鑑賞

SHINHWA(神話)のスペシャルカムバックフォト


Comment



  • 8th and 9th Floor, 19, World Cup Buk-ro 56-gil, Mapo-gu, Seoul (Sangam-dong, Dream Tower)