Go to contents
Go to contents

Star Spotlight

グローバル韓流の帝王 "スーパージュニア"の派手なカムバック!

  • 0

グローバル韓流の帝王スーパージュニアが正規6集で華やかにカムバックする。

今回のアルバムは去年の8月に発売した正規5集の以来、約11ヶ月ぶりに発売される スーパージュニアの新作で、ワールドツアーを成功的に終えて、世界を舞台に活躍しているスーパージュニアの新しい活動を予告しているだけに、グローバルミュージックのファンの爆発的な反応が期待される。
今回のアルバムはタイトル曲の "Sexy、Free&Single"をはじめ、R&B、ダンス、バラードなど多様なジャンルの総10曲を収録、スーパージュニアの個性とトレンディな音楽を同時に聴くことができる。特にユ·ヨンジン、Kenzie、hitchhiker 、パク·チャンヒョンなど、国内・外の有名な作曲家たちが参加し、さらに多彩で完成度の高いアルバムになっている。


セクシーで自由なシングル男たちの素敵な成功ストーリー!タイトル曲 "Sexy、Free&Single"


タイトル曲 "Sexy、Free&Single"は、ハウスミュージックとソウルR&Bが調和したソウルフルハウス(SOULFUL HOUSE)ジャンルの曲で、華やかなVOICE SYNTHとWOBBLE BASSサウンドとトレンディなアレンジが印象的で、シンプルで中毒的なサビが楽しさを倍加させる。


歌詞には、たくさんの悩みと努力で実現した達成感と勝利、そして忍耐の後、勝ち抜いた者に与えられる完全な開放感など、セクシーで自由なシングル男たちの成功ストーリーを語っている。

特に、音楽はもちろんのことでパフォーマンスもスーパージュニア特有の群舞が引き立つ、 強烈でパワフルなステージを準備し、派手なビジュアルとパフォーマンスで再び世界中の音楽ファンの目と耳を捕らえるだろう。


[Photo] Super Junior Teaser Photo

一期一会のファンクラブ "ELF"に捧げる曲!c/w "君から(From U)"
そして "君から(From U)"は、スーパージュニアがファンクラブの "ELF"に捧げる曲で 、タイトル曲と一緒にステージで披露する予定。この曲はミディアムテンポのR&B曲で、スターとファンの関係を、時には喧嘩もするけれど、いつも変わらずお互いに愛しながらそばにいる一期一会の恋人のように描かれていて、ファンの心をときめかせるはず。

また、収録曲 "ガリバー(Gulliver)"は、イトゥク、シンドン、ウニョク、ドンヘの個性的なラップとリョウクの魅力的なボーカルが交わった曲で、ウニョクが書いた歌詞には、スーパージュニアの魅力がありすぎて一目で入れることができないことを小人国のガリバーに例えたウィットのある表現。イ・サンウンの曲をリメークした "いつかは(Someday)"は、スーパージュニアの一層成熟したボーカルとクラシックなアレンジがよく似合うように再解釈して違う雰囲気を味わうことができる。

さらに、 "NOW"は、軽快なリズムとギターリフの調和が素敵なPoprock系の曲で、清涼感あふれるサウンドとメロディー、日常から抜け出して、涼しい夏の海に行こうという歌詞が一団と曲の魅力を高めて、エレクトロニックとヒップホップがミックスされたクラブサウンドの曲 "Rockstar"はスーパージュニアの生き生きした元気なキャラクターをシックなロッカーのカリスマとステージで楽しく盛り上がる姿で表現している。
その他にも今回のアルバムにはイェソン、ソンミン、リョウク、キュヒョンの甘いボーカルとメロディーと寂しい感じの歌詞が調和したモダンロックバラード曲 "甘くほろ苦い(Bittersweet)"。日常に疲れた友達への応援メッセージのエレクトロダンス曲 "パピヨン(Butterfly)"、スーパージュニアの美しいハーモニーが引き立つ感性バラード曲 "とどまる(Daydream)"、抜本的な展開と実験的な形式を試みた "別れの日(A 'Good'bye)"など、様々なジャンルの合計10曲が収録、スーパージュニアの多彩な音楽色に会うことができる。
一方、スーパージュニアは7月5日Mnet "Mカウントダウン"を皮切りに本格的な6集の活動をスタートする予定だ。


[Special~!] Super Junior VOD

Oppa,Oppa

Mr. Super Clone Super Junior

The Best award Super Junior Special Stage!

Comment



  • 8th and 9th Floor, 19, World Cup Buk-ro 56-gil, Mapo-gu, Seoul (Sangam-dong, Dream Tower)