Go to contents

[単独]ミスコリア窃盗被害者B氏側“親友だったのに信じられない”

Rating Rating more One Star

2012.06.27 09:45 CJ E&M enewsWorld オ・ミジョン Translation Credit : harumi takagi

ミスコリア出身A氏が知人であるB氏の自宅で財布と現金を盗んだ容疑で警察に逮捕され、衝撃を与えている中、B氏側が“B氏はかなり驚いている。普段から親交のあるA氏がそんなことをするなんて信じられない”とその心境を語った。

B氏側の関係者によるとA氏は21日、B氏の自宅に訪れた。普段からB氏をお姉ちゃんと呼びながら自宅に遊びに来ていたのでいつもと同じように時間をすごした。この日A氏とB氏は共に外出をし、B氏は食事代を支払う時になってH社のブランドの財布がなくなっている事に気がついた。B氏はこの時は自宅に財布を置いてきたと思っていた。当時A氏はごく自然に自分が食事代を払う、もう一度ちゃんと財布を探してみたらと、B氏に話したと言う。

[単独]ミスコリア窃盗被害者B氏側“親友だったのに信じられない”

自宅にも財布がなかったB氏は22日に警察に盗難申告をし、この過程ですでに小切手が銀行で現金に換えられていた事実が確認された。銀行のCCTVで確認した結果、他でもないA氏が小切手を換えたという事実を知ることになった。

B氏側は“初めはB氏もA氏がこんな事をするなんて想像もしていなかった。今は活動をしていないが、名の知れた有名人だからだ。”“警察に言っても「自分が何故財布を持っているのかわからない。」と容疑を否認していると聞いた。本当に呆れて物も言えない。”と語った。

この関係者はまた、“B氏はCCTVを見て驚くと共に怖くなったようだった。A氏の行動があまりに自然すぎたからだ。”とも語った。

これに続き関係者は“A氏が最近活動をしていなく、事業もうまくいってないので経済的にも苦しいのは知っている”とし、“だからと言って、知人の自宅で窃盗をするをいう事は本当に理解できない行動だ”と語った。

A氏は21日、知人の自宅で現金と小切手200万ウォン余りが入ったブランドの財布を盗み、22日に警察にて不拘束で取調を受けた。

Tag
江南警察署 20120627 200万ウォン 20120627 ミスコリア 20120627
Any copying, republication or redistribution of enewsWorld's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from enewsWorld. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news