Go to contents

‘ランニングマン’ユン・ウネ、能力者キム・ジョングックを制圧できる唯一の武器?

Rating Rating more One Star

2012.06.26 17:32 Mwave コ・ホンジュ Translation Credit : harumi takagi

‘能力者を制圧できる唯一の武器はユン・ウネ?’

SBS‘日曜日が良い<ランニングマン>’(以下ランニングマン)が100回スペシャルで奇想天外なアイテムを準備した。‘ランニングマン’のメンバー達が‘神’という設定のもとに繰り広げられた‘神達の戦争’がまさにそうだった。

24日、100回スペシャルで放送された‘ランニングマン’では神の資格を持つメンバー達がそれぞれ弱点がばれないようにしながら最後の勝者を決めるというミッションを進行した。この時、神の関門を通過する為の制作陣との対決に敗れたメンバーは神の資格を得られない2名を直接選ばなくてはならなかった。そして能力者キム・ジョングックと裏切りのアイコンであるイ・グァンスが選ばれた。

‘ランニングマン’ユン・ウネ、能力者キム・ジョングックを制圧できる唯一の武器?

特に見所だったのは、ゲームの円滑な進行の為に制作されたゲストの部屋でユン・ウネの仮面が発見された場面だった。これを発見したのは神の資格を得られなかったキム・ジョングックとイ・グァンスだった。ゲストの部屋に入ったイ・グァンスはユン・ウネの顔写真の仮面を獲得し、その使用方法を熱心に研究している姿が印象的だった。相手の耳を押さえた後、(聞こえないように)‘当たり前だ’と叫ぶことが仮面の使用方法だった。過去に‘Xマン’へ出演した際にキム・ジョングックとユン・ウネの名場面を思い出させるのが目的でもあった。

これは実はキム・ジョングックが神になった時に有効なアイテムだった。もしキム・ジョングックが神になっていたら戦争で彼を制圧できるアイテムだったということだ。だからユン・ウネの仮面を使ったイ・グァンスがチ・ソクジンに‘当たり前だ’を叫んでも何の効果もなかった。

‘ランニングマン’でキム・ジョングックとユン・ウネの件が言及されたのは実は今回が初めてではない。4月の放送ではメンバー達に‘ランニング法’を違反したと、めちゃくちゃな罪で逮捕し茶の間を笑わせた。当時キム・ジョングックを“キム・ジョングックさん、ユン・ウネの話が出たらオーバーに反応するので、ユン・ウネ罪で逮捕します”といって逮捕した。

一方、‘神達の戦争’をテーマとしてインパクト溢れるエピソードを繰り広げた‘ランニングマン’100回スペシャルではポセイドンの資格を得たユ・ジェソクが最終優勝の名誉を得た。

写真=SBS画面キャプチャー

Tag
ユ・ジェソク 20120626 ランニングマン 20120626 100回スペシャル 20120626 神達の戦争 20120626
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news