Go to contents

『2014 YG FAMILY CONCERT』、大阪で5万人を魅了!!

Rating Rating more One Star

2014.04.14 10:43 Mwave

今月12日、『2014 YG FAMILY CONCERT』が大阪京セラドームで行われ、5万人の観客を魅了した。

今回のコンサートにはBIGBANGをはじめとし、2NE1、Epik High、イ・ハイ、WINNER、WIN BチームなどのYG所属歌手たちが総出動し、派手なステージを繰り広げた。

2NE1は「CRUSH」でオープニングを飾り、「FIRE」や正規2集タイトル曲「COME BACK HOME」、「GOTTA BE YOU」で会場を盛り上げた。

2NE1が熱く盛り上げたステージの後には、新人グループWINNERが登場した。WINNERは「GO UP」日本語バージョンや2NE1の「MISSING U」オリジナルバージョンを披露し、ファンからの大きな拍手を浴びた。

また、Epik Highは「FLY」、「Love Love Love」、「Don't Hate Me」などを熱唱し、印象深いステージを披露した。

そして、BIGBANGが登場すると、会場は一気に黄色いペンライトで染まった。昨年から今年の初めまで日本6大ドームツアーを通して77万人を動員したBIGBANGは、流暢な日本語で観客とコミュニケーションをとり、「Haru Haru」、「BLUE」、「FANTASTIC BABY」などのヒット曲ステージを熱唱した。

さらには、日本のステージに初めて登場したイ・ハイは、「ROSE」と「1.2.3.4」のステージで日本ファンからの注目を浴びた。

また、この日のYGファミリーコンサートのハイライトは、YG所属アーティスト達によるコラボレーションステージだった。各コラボレーションごとに個性溢れるステージを披露し、観客を魅了した。

WINNERとWIN Bチームは2組が競争していたサバイバル番組『WHO IS NEXT : WIN』で最後のミッション曲だった「JUST ANOTHER BOY」で派手なステージを飾り、G-DRAGONとCLは「THE BADDEST MAN」と「MTBD」、BIGBANGのT.O.PとWINNERのソン・ミンホ、2NE1のダラは「DOOM DADA」を披露した。

計40曲を熱唱した今回のコンサートの最後は、PSYの「江南スタイル」、2NE1の「GO AWAY」、BIGBANGの「FANTASTIC BABY」などのヒット曲アンコールで派手なクライマックスを飾った。

一方、『2014 YG FAMILY CONCERT』は、13日まで大阪京セラドーム公演を行い、5月3日と4日には東京ドームで行われる。これ以降、韓国や中国などのアジア地域にツアーを拡大する予定であり、コンサートが開催される地域は順序発表される。

(写真=eNEWS DB)


『2014 YG FAMILY CONCERT』、大阪で5万人を魅了!!

Tag
BIGBANG 20140414 2NE1 20140414 イ・ハイ 20140414 Epik High 20140414 WINNER 20140414 WIN Bチーム 20140414
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news