Go to contents

『アイリス2』チョン・テウォン代表「第2弾は成功しない?俗説を壊してみせる」

Rating Rating more One Star

2012.11.14 18:26 Mwave パク・ヒョンミン

『アイリス』シリーズ制作会社テウォンエンターテインメント、チョン・テウォン代表が「2弾目は成功できないとの俗説を壊すために『アイリス2(原題)』を制作した」と『アイリス2』について強い自信を見せた。

13日午後3時ソウル江南(カンナム)区駅三洞(ヨクサムドン)リッツカールトンホテルで開かれたKBS2新水木ドラマ『アイリス2』(脚本チョ・ギュウォン、演出ピョ・ミンス、キム・テフン)ショーケースにはチョン・テウォン代表、ピョ・ミンスPD、キム・テフンPDを始め俳優チャン・ヒョク、イ・ダヘ、イ・ボムス、オ・ヨンス、ユン・ドゥジュン、イジュン、ユミンらが参加した。

『アイリス2』チョン・テウォン代表「第2弾は成功しない?俗説を壊してみせる」

この日チョン・テウォン代表はスピンオフドラマ『アテナ‐ 戦争の女神』の失敗について「初回放送は20%を超える視聴率で始まった。だが男性視聴者にアピールできるドラマを企画したんだが電子力発電所について扱うなど内容が難しかったのか、主な視聴層である女性視聴者に強くアピール出来なかったようだ」と無念さを打ち明けた。

『アイリス2』は制作過程期間だけで4年に近い時間が流れた」と強調し『アテナ‐戦争の女神』で逃した部分、『アイリス1』での長所を生かし、絶対に成功するように多くのセキュリティーデバイスを用意した」と説明した。

またチョン代表は「前作のスケールの大きな破格的アクションシーンを飛び超えるためテロによって火の海になった韓国を画面に描きだす。ソウルになるか釜山(プサン)になるか決定してはいないが、ハリウッドブロックバスター映画で見られる核爆発のようなシーンが登場するようになる」と期待してほしいと話した。

『アイリス2』はNSS最高の精鋭要員だったヒョンジュン(イ・ビョンホン)の死から3年経ったところで、秘密組織アイリスとNSS要員たちの対決に焦点を合わせた諜報アクションドラマだ。チャン・ヒョクとイ・ダヘ、オ・ヨンス、ユン・ドゥジュン、イ・ジュン、カン・ジヨンがNSS要員として、イ・ボムス、キム・スンウ、イム・スヒャンらが北朝鮮側の人物として出演する。

11月本格的な撮影に突入する『アイリス2』は『優しい男』と『田禹治(原題)』の後続作として2013年2月初旬に初放送される予定だ。

写真=キム・ビョングァン記者

Tag
イ・ボムス 20121114 チャン・ヒョク 20121114 イジュン (MBLAQ) 20121114 イ・ダヘ 20121114
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news