Go to contents

[SUPER STAR K4]ホン・デグァン「SSK4は崖っぷちの僕が掴んだ一筋の光」

Rating Rating more One Star

2012.11.12 13:44 Mwave harumi takagi

9日(金)に生放送された、Mnet「SUPER STAR K4」第5ラウンドで脱落したホン・デグァンが、制作陣を通じて感想とこれからの計画についてコメントした。

[SUPER STAR K4]ホン・デグァン「SSK4は崖っぷちの僕が掴んだ一筋の光」

ホン・デグァンは、脱落の心境を「清清しくて寂しい」と話した。「長い旅程が終わったという思いから清清しいが、僕が果たして全てを見せられたのかという思いから少し残念でもある。脱落したというよりは、TOP4が僕の位置だった。」と、堂々と脱落を受け入れた。

また、「SUPER STAR K4がまさに奇跡。崖っぷちに立っていて落ちる瞬間に掴んだ一筋の光。その光が僕を崖っぷちから地上で歌を歌わせてくれた。」と、SUPER STAR K4に対する思いを語った。

ホン・デグァンは、SUPER STAR K4での印象的な出来事を予選の記憶だと言った。彼は、「地域予選をソウルで受けたが、すごく暑い夏だった。小さなブースで歌を歌ったが、7曲も歌ったほどに反応が良かった。オーディションを終えてブースの外に出て、待っている人々の視線が全て僕に集まった時の事が忘れられない。」と笑った。また、地域三次予選でペク・ジヨン審査委員が自分の声を好きだと褒めてくれた事が記憶に残ると付け加えた。

これからの計画について彼は、「大衆と歌を通じて‘感動’を交感する事ほど僕にとって幸せな事はない。感動を絶対的な目標に音楽をしたい。」と語った。ストリートライブについての計画も忘れていなかった。彼は、「ストリートライブは、僕に初めて歌を歌わせてくれた力。これを諦めるのは、僕の人生の殆どを諦める事。これからもやり続けたい。」と話した。


最後に彼は、「ファンクラブができたという話を聞いてすごく不思議で有難かった。3000人のファンクラブの皆さんと、SUPER STAR K4で支持してくれた全ての方に‘感動音楽’で応えていく。本当にありがとう。」と、感謝の気持ちを伝えた。

一方、SUPER STAR K4は準決勝(16日)と決勝(23日)を残すのみとなった。

Tag
SUPER STAR K4 20121112
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news