Go to contents

ソ・ジソプ、来年にもアルバム発売「損は出さない」

Rating Rating more One Star

2012.10.22 13:45 Mwave オ・ミジョン

映画『会社員(原題)』で請負殺人会社に在職中の課長チ・ヒョンドとして登場し、観客に会う俳優ソ・ジソプが来年にもアルバムを発売する計画があると伝えた。

2011年シングルアルバム『PICK UP LINE』に続き今年3月にもヒップホップアルバム『かんむり座』を出したソ・ジソプは、来年にもアルバムを出す計画を立てている。所属事務所51K関係者は「アルバム作業は今年下半期から入る予定」とコメントした。

ソ・ジソプ、来年にもアルバム発売「損は出さない」

ソ・ジソプは最近のenewsとのインタビューの席で「アルバムはファンへのお返しだ。意外な楽しみを差し上げたい」「機会が来ればアルバムを出すつもりだ。アルバム制作作業が好きでやる」と話した。

彼は「アルバムが上手くいくとは言えないが、だからといって損は出さない」「最低限の収益を得るように考えてアルバムを発売する」と照れくさそうに笑った。

ソ・ジソプは「私は周囲に迷惑をかけてはならないといつも思っている。アルバムも同じだ」「映画に出演したりアルバムを出す時、損害を出さなければ一緒に作った人がやり甲斐も感じて、出資会社と制作会社もそれを基に新しい仕事をやることが出来るじゃないですか」と説明した。

ソ・ジソプのアルバムは歌謡界で大きな人気は得られなかったが、ファンたちからは熱い愛をもらった。アルバムの完成度について好評も相次いだ。

ソ・ジソプは普段からヒップホップマニアとして有名だ。彼は「昔はもっと強烈なヒップホップが好きだったが、今はそれほどでもない」「音が体を叩くような感じが好きだった」と話した。続けて「音楽を聞こうとロケ車にスピーカーなども装備した」と説明した。

ソ・ジソプと映画で共演したZE:A(ゼア)のドンジュンは「ソ・ジソプのロケ車は完璧にヒップホップクラブ」「いつも強烈なヒップホップが流れてくる」と証言したりもした。

映画『会社員』11日に公開され、観客を迎えている。18日までで78万6,905名の観客を集めている。

写真=キム・ビョングァン記者

Tag
ソ・ジソプ 20121022
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news