Go to contents

ファン・ジョンウム、『ゴールデンタイム』終了所感…「一生忘れられない作品」

Rating Rating more One Star

2012.09.27 09:16 Mwave チョン・スミ

『ゴールデンタイム(原題)』のファン・ジョンウムが終了を惜しむ気持ちを明かした。

ファン・ジョンウムは25日夜終了したMBC月火ドラマ『ゴールデンタイム』で、何事にも力強くたくましい性格の熱血インターン チャン・ジェイン役を引き受け熱演を繰り広げた。

ファン・ジョンウム、『ゴールデンタイム』終了所感…「一生忘れられない作品」

別名『無限肯定のアイコン』を演じたファン・ジョンウムは安定した演技で人気ドラマの牽引車役をしっかりと果たした。完璧なスペックを誇る優等生でありながら、時には可愛くとんでもない魅力を披露しキャラクターの魅力指数を高めた。特に理事長代行業務を任されたドラマ後半部では、彼女らしい明るく愉快な魅力とソフトなカリスマを発散するなど一層成熟した演技で好評を引き出した。

ファン・ジョンウムは「撮影しながら多くを見て学び経験できた。いい結果を残して終われるので更に嬉しい」「心から一生忘れられない作品になると思う。これまでたくさん愛してくださって本当に感謝します。そしてこれからももっといい作品でお会いできるように頑張ります」とドラマ終了の感想を伝えた。

この日の放送後、視聴者たちは「ドラマのジェインとファン・ジョンウムはが一緒に成長する姿を見せた」「次回作も期待」などの応援と激励メッセージを送った。

ファン・ジョンウムは10月5日TBSでドラマ『フルハウス2』の初放送を控えている。

写真=sidusHQ提供

Tag
ファン・ジョンウム 20120927
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news