Go to contents

キム・ソンス『愛しの蝶々夫人』撮影現場で光る『紳士の品格』

Rating Rating more One Star

2012.10.01 10:00 Mwave チョン・スミ

俳優キム・ソンスが『完璧男』お得意俳優の顔を再度見せつけた。

SBS新週末ドラマ『愛しの蝶々夫人(原題)』でお茶の間にカムバックしたキム・ソンスは最近落星垈(ナクソンデ)近くにある製菓店で行われた初撮影を成功で終えた。

キム・ソンス『愛しの蝶々夫人』撮影現場で光る『紳士の品格』

劇中彼が演技する人物は秀麗なルックスと明晰な頭脳を兼ね備えた完璧男、キム・ジョンウク。これまでいくつもの作品で『エリート男』の魅力を誇って来た彼は、この日の撮影でも『完璧男』キム・ジョンウクキャラクターと100%のシンクロ率を誇り、NGなしで初シーンを撮り終えた。特に赤いネクタイにハンカチーフをポイントにしたスーツ姿で紳士の品格をそのまま表現した。

キム・ソンスは今回のドラマで過去『愛してると言ってくれ』で共演したヨム・ジョンアと8年ぶりに再会、早くから話題を集めた。キム・ソンスは久しぶりにカップル演技をすることになったヨム・ジョンアと素晴らしく息の合ったところを見せ、撮影現場スタッフたちから「幻想的なカップルが誕生した」との評価を引きだしたとの裏話だ。また撮影現場を和気あいあいとした雰囲気をリードし、家族のような雰囲気の中で撮影を終わらせた。

キム・ソンスは「初撮影だったがスタッフたちと同僚俳優たちが長い間一緒に居たメンバーのように、気持ちが楽で楽しかった。これからの撮影も楽しく一緒に出来るようでとても期待している」と初撮影の感想を伝えた。

海外の名門大学出身の事業家のキム・ジョンウク(キム・ソンス)と傍若無人なトップタレント、ナム・ナビ(ヨム・ジョンア)のロマンスを描いた『愛しの蝶々夫人』はKBS『笑ってトンへ』『君は僕の運命』などのヒットドラマを執筆したムン・ウンア作家と、SBS『マイダス』を演出したイ・チャンミンPDのコンビで更に期待を集めている。10月6日午後8時40分初回放送。

写真=ファンタジオ提供

Tag
キム・ソンス 20121001
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news