Go to contents

ピ、腰痛を訴え入院…「義兵除隊なるか?」

Rating Rating more One Star

2012.09.25 14:10 Mwave harumi takagi

軍服務中である歌手兼俳優のピ(Rain)(チョン・ジフン)が、椎間板ヘルニアではないかと診断され、病院に入院した。

9月24日、国防部国防広報院関係者によればピはこの日、忠南(チュンナム)鶏龍市(ケリョンシ)文化芸術の殿堂で開かれた国軍将兵スターオーディション「スターになろう(Be the Star)」の審査委員として参加予定だったが、参加しなかった。


ピ、腰痛を訴え入院…「義兵除隊なるか?」

彼は9月23日夜に突然腰痛を訴え、軍医官の許諾下に近隣地区隊の病院に移送された。 軍関係者は、「ピは現在、精密検査を受けた後、入院治療中だ。原因は椎間板ヘルニアである可能性が高いが、正確な診断結果は今後の経過を見守らなければならないようだ。」と伝えた。

ピは、9月25日に進行される「国軍の日」のイベントへの参加も不透明なものと見られる。また、ピの義兵除隊に対する有無にも関心が集まることになった。 一般的に、軍隊で椎間板ヘルニアが発症した場合、民間病院で依託治療を受けたり、腰痛がひどければ義兵除隊することもある。

しかしピ側は「まだ軍服務に支障があるほどではない。何よりも本人の現役満期による除隊への意志が強い。」とコメントした。

ピは昨年10月に入隊し、陸軍5師団新兵教育隊助教として服務した。 彼はその後、今年3月職務変更を申請して国防広報支援隊に志願し、関連面接を受けた後合格した。

ピは、国軍放送FMの軍慰問プログラムである「慰問列車」舞台をはじめ、何回も軍関連公演を行った。

4月には韓国・ベトナム修交20周年記念招請演奏会舞台に立ち、5月には子供の日のイベント舞台に顔を出した。 また、6月には国防広報院が主催したKポップ特集公演のために麗水(ヨス)エキスポ舞台に参席した。

写真=国防広報院提供

Tag
20120925
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news