Go to contents

SUPER JUNIORイトゥク、幼い時代の家庭事情を告白「父親が恐くて嫌いだった」

Rating Rating more One Star

2012.09.10 16:07 Mwave harumi takagi

イトゥクが、幼い時代の家庭事情を告白した。

10日に放送されたMBC「気分良い日」の“スター、私達が知らなかった1% 誰にでも過去はある”コーナーでは、SUPER JUNIORのリーダーであるイトゥクのインタビュー映像が公開された。

SUPER JUNIORイトゥク、幼い時代の家庭事情を告白「父親が恐くて嫌いだった」

この日の放送でイトゥクは、「両親が喧嘩をよくしていて、たくさん殴られた。小学校からそういったストレスがあった。」とこれまで放送を通じて見せてきた明るいイメージとは正反対の隠された痛みを告白した。

イトゥクは、「父に対しても恐くて嫌いだった。その為、練習生時代に僕は本当にこの道で合っているのかなとも思ったし、本当に早く成功したかった。」と涙を見せた。

イトゥクの幼い時代の告白に人々は、「イトゥクにそんな痛みがあったとは知らなかった。」、「イトゥク、頑張れ。」などの反応を見せた。

イトゥクは8日に放送されたMBC<私たち結婚しましたシーズン4>でカン・ソラとの仮想夫婦生活を終え、お別れのキスをし話題を集めた。

写真=MBC「気分良い日」

Tag
SUPER JUNIOR 20120910 イトゥク (SUPER JUNIOR) 20120910
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news