Go to contents

SUPER JUNIORドンヘ、ルーゲーリック病患者の為に米を5トン寄付!

Rating Rating more One Star

2012.09.05 14:12 Mwave harumi takagi

SUPER JUNIORドンヘがルーゲーリック病など難病に苦しんでいる人々にドリーミー米5トンを寄付した。

ドリーミーはSUPER JUNIORドンヘの要請によって、スンイル希望財団(共同代表パク・スンイル、ショーン)で支援している全国のルーゲーリック病、筋肉病、筋ジストロフィーなどの難病を患っている児童達146人の家庭に9月3日から5日まで愛の米5トンを伝達したと明らかにした。ドンヘは普段からパク・スンイル代表とスンイル希望財団について感心を持っており、支援してきたという。

SUPER JUNIORドンヘ、ルーゲーリック病患者の為に米を5トン寄付!

ドンヘが寄付した米の花輪5トンは、ドンヘの国内外のファンが8月16日にソウル論峴洞インペリアルパレスホテルで開かれた、チャンネルAドラマ「パンダさんとハリネズミ」の制作発表会でドンヘを応援する為に送られたドリーミー米だ。

「パンダさんとハリネズミ」の制作発表会には韓国を始め、タイ・ベトナム・インドネシア・マレーシア・クウェート・中国・台湾・香港・マカオ・日本・メキシコ・フランス・イタリア・チリ・ペルーなど16カ国の数千人のドンヘファンが参加し、20㎏の米の花輪を250個分、5トンが送られてきた。

ドンヘのファンは2010年12月にも大規模のドリーミー米の米花輪を送り、米を寄付した。

写真=ドリーミー

Tag
SUPER JUNIOR 20120905 ドンヘ (SUPER JUNIOR) 20120905
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news