Go to contents

ペク・ジヨン、“アラン使道伝”で「OSTの女王」になる

Rating Rating more One Star

2012.09.03 15:55 Mwave harumi takagi

OSTの女王ペク・ジヨンがMBC水木ドラマ「アラン使道伝」のOSTに参加した。

3日、ペク・ジヨンの所属事務所であるWSエンターテインメントによると、ペク・ジヨンは「アラン使道伝」の二人の主人公ウノ(イ・ジュンギ)とアラン(シン・ミナ)のラブテーマ「サランアトサランア(以下「愛よ愛よ」)」のレコーディングを終えたという。

ペク・ジヨン、“アラン使道伝”で「OSTの女王」になる

「愛よ愛よ」はペク・ジヨン特有の声が20人のオーケストラとの調和をなしたバラード曲だ。

所属事務所は、「この曲は普段ペク・ジヨンと親交のある歌手兼作曲家のユ・ヨンソクがペク・ジヨンの為にプレゼントした曲だ。」とコメントした。

OSTの独歩的なセリングパワーを持ったペク・ジヨンは、既にKBS2「アイリス」の「イッチマラヨ(忘れないで)」、SBS「シークレットガーデン」の「クヨジャ(その女)」、KBS2「王女の男」の「オヌルドサランヘ(今日も愛してる)」、そしてSBS「屋根裏部屋の皇太子」の「ハンチャムチナソ(しばらく経って)」など、人気ドラマの挿入歌を全て歌っており、各種音楽サイトを掌握していた。

ペク・ジヨンが歌う「愛よ愛よ」は5日、オンライン音楽サイトを通じて公開される。

Tag
ペク・ジヨン 20120903
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news