Go to contents

イ・ヒョリがBoAに聞かせる『K-POPスター』の恋愛学概論

Rating Rating more One Star

2012.08.27 18:32 Mwave Ko Hong Ju

韓国を代表する歌謡界2人のディーバも『恋愛』に向き合う時は普通の女性だった。イ・ヒョリとBoA(ボア)2人の『K-POPスター』が恋愛話でおしゃべりに熱中した。

26日放送のSBS『You and I』には、最近オーディション番組の審査員から『Only One』でカムバックした歌手BoAが出演し、ステージを飾った。関心を集中させたのは普段から仲が良いイ・ヒョリ、チョン・ジェヒョン、BoAの3人の正直な恋愛談。「最後に恋愛したのは2年前」とBoAの告白に、3人の本格的なトークが始まった。

イ・ヒョリがBoAに聞かせる『K-POPスター』の恋愛学概論

特にBoAは現在の理想のタイプを聞かれると「今は理想のタイプということはなく、私だけを愛してくれる人ならいい」と話し、人目を引いた。ただ歌手BoAや『K-POPスター』審査員BoAとしてではない『人間BoA』を愛してくれなければならないという前提での話だ。特に恋人ができたら、意外にも愛嬌を振りまくというBoAは、その場で『プインプイン』と愛嬌を披露して、反対の魅力を発散させた。

しかし、顔が知られている公人として、恋愛は簡単じゃない事だ。海外活動が多くて、スケジュール変更が大きな芸能界という職業的な特性も、恋愛を始める前からためらう要因のひとつだ。これに対しては芸能界の先輩であるイ・ヒョリが話してあげられることが多かった。

イ・ヒョリは「気持ちが動いたのなら、誰の目も気にしないのがいいと思う。一応芸能人であるから、たくさん恋愛すると人々が自分を「やたらに軽い女とみるんじゃないか」あるいはこの人と付き合って別れたら「また傷つくんじゃないか」という心配のために、自分を抑えるのだが、少し自分を解き放ってあげる必要がある」とアドバイスした。特に『Only One』と決め付けずとセンスある冗談と一緒に「この世界には男がたくさんいるのに、何が『Only One』よ。その時は『Only One』かもしれないが、本当にいっぱいいる」と話し笑いを誘った。

ギタリスト イ・サンジュンと公認カップルであるイ・ヒョリに、BoAからの突然の質問もあった。「理想のタイプが変わったのか」と質問。イ・ヒョリはBoAの質問に、多少うろたえる様子を見せたが、クールに「理想のタイプが変わったんじゃなくて、理想のタイプが確立するようだ。この人は私とは合わない、この人とは合うようだ」とこういうことが起こるようだ」と正直な答えを出した。

イ・ヒョリは「それなら「この人だ」と感じをうけたことがあるか」と続いた質問に「そういう感じはしょっちゅう受ける。問題はそういう感じをよく受けること」とセンスを発揮して笑いの渦に巻き込んだ。

この日の放送でBoAはタイトル曲『Only One』を始め、キム・ドンリュル作曲の『隣の人』で、チョン・ジェヒョンと幻想のコラボレーションステージを披露した。

写真=SBS画面キャプチャー

Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news