Go to contents

オ・ダルスvsオ・ダルス 出演作『共謀者たち』『みにくいアヒルの子』30日同時封切

Rating Rating more One Star

2012.08.23 17:29 Mwave Oh, MiJung

俳優オ・ダルスが出演した映画2本が30日、同時に封切られる。一つは臓器密売組織の話を描いた犯罪スリラー『共謀者たち』もう一つはクァク・ギョンテク監督の新作『みにくいアヒルの子』だ。

2本の映画でオ・ダルスは正反対の演技を繰り広げる。一方では堕落した医者、もう一方では熱い父性愛を持つ父親だ。

オ・ダルスvsオ・ダルス 出演作『共謀者たち』『みにくいアヒルの子』30日同時封切

『共謀者たち』でオ・ダルスが演じるギョンジェは、麻酔薬と酒に溺れる医者だ。不法臓器摘出の提案を受けて出張するまでになる。この映画で彼は濃密なベッドシーンも披露する。堕落しているものの医者という職業を演じる点が、オ・ダルスの作品経歴の中では興味深い。

『みにくいアヒルの子』でのオ・ダルスは、主人公ナクマン(キム・ジュング)の父親役を演じた。彼が引き受けた人物は拷問の後遺症で、精神的困難を味わう元写真記者だ。ちゃんとした思考ができなくても、息子に対する愛情だけは熱い。精神異常になる前には使命感に溢れる写真記者だった。オ・ダルスの熱い父性愛演技が目を引く。

30日自身が出演する2作品が封切となるので、オ・ダルスは21日と22日の2日間、続けて取材陣と会うという変わった状況を生みだすことになった。21日には『共謀者たち』試写会、22日には『みにくいアヒルの子』試写会に参加し、キャラクターを説明した。

オ・ダルスは現在上映中の超ヒット作『泥棒たち』と高空アクション映画『R2B:リターン・トゥ・ベース』にも登場する。『泥棒たち』でオ・ダルスはお粗末極まりない中国側の泥棒アンドリューで出演し、個性的な演技を見せてくれた。『R2B』では愉快で性格のいい整備士ミン・ドンピルで登場する。

オ・ダルス作品が洪水状態だ。興行成績も素晴らしい。『泥棒たち』はすでに1,000万観客を超えた。『R2B』もやはり『泥棒たち』ほどでないにしても興行成績は悪くない。

オ・ダルスはこれ以外にも11月に映画『ジャッカルが来る』、12月に映画『12月23日』の封切を控えている。現在、イ・ジェフンと共に『私のパヴァロッティ』を撮影中だ。この作品は来年公開予定だ。それこそオ・ダルスは映画界の『時の人』だ。

写真=ホ・ジョンミン記者/『みにくいアヒルの子』『共謀者たち』スチールカット

Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news