Go to contents

『アラン使道伝』イ・ジュンギ-シン・ミナ ドキドキするロマンチックスチール公開

Rating Rating more One Star

2012.08.16 19:24 Mwave Jeon Su Mi

MBC新水木ドラマ『アラン使道伝』イ・ジュンギとシン・ミナのロマンチックなスチール写真を公開した。

イ・ジュンギとシン・ミナは16日、公開された『アラン使道伝』現場写真でときめく目を合わせて、これから展開するピンクロマンスを予告した。

『アラン使道伝』イ・ジュンギ-シン・ミナ ドキドキするロマンチックスチール公開

この場面は去る14日のハイライト放送を通じて公開された直後に、早くも話題を集めた。アランとウノがバックハグ(後ろからハグ)をするように密着した場面が視聴者の好奇心を刺激した。

それぞれ気難しい使道ウノとおてんば娘の幽霊アラン役を演じた2人は写真の中で緊張した目つきを見せたが、そのシーンを撮影した当時の雰囲気は全く違った。アランとウノが一歩近づくきっかけになる重要な場面だったが、まだお互いを恥ずかしがるイ・ジュンギとシン・ミナが笑いをこらえることができないでNGが続いたという裏話だ。

一方、15日初放送された『アラン使道伝』は2桁の視聴率を記録して、同日開始したSBS『花ざかりの君たちへ』との競争で優位を占めた。初放送された後、ドラマホームページと各種掲示板には、演出、音楽、CG、シナリオなど、作品の完成度と、個性あふれるキャラクターを魅力的に描き出した主演俳優たちの熱演に賞賛が続いた。

『アラン使道伝』は慶南密陽(キョンナムミリャン)のアラン伝説をモチーフに、自身の無念の死の真実を知りたがる、おてんばな記憶失調症娘の幽霊アラン(シン・ミナ)と幽霊を見る能力を持つ使道ウノ(イ・ジュンギ)が繰り広げる朝鮮時代ファンタジーロマンス活劇である。16日の夜に放送される2話では母のかんざしを発見したウノがアランの記憶を探すために、積極的に協力して、偶然出会ったジュワル(ヨン・オジン)に原因不明の感情を感じるアランの姿が描かれる予定だ。


写真= MBC提供

Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news