Go to contents

『R2B』シン・セギョン、RAINと2度のキスシーン『気分良かったけれど…』

Rating Rating more One Star

2012.08.09 19:27 Mwave Lee, JinHo

[気分はいいですが…」
映画『R2B:リターン・トゥー・ベース(以下R2B)』主演のシン・セギョンが、RAIN(レイン)とのキスシーンについて感想を話した。

『R2B』シン・セギョン、RAINと2度のキスシーン『気分良かったけれど…』

『R2B』メディア試写会および記者懇談会が8日午後、ソウル往十里(ワンシムリ)CGVで開かれた。この日のイベントにはキム・ドンウォン監督を始め、ユ・ジュンサン、キム・ソンス、イ・ハナ、イ・ジョンソクら主演俳優たちが参加し、撮影エピソードや感想を伝えた。

この日の記者懇談会でシン・セギョンは「キスシーンがあったと聞いた。しかし編集されたようだが残念じゃないか? RAINとキスシーンを演じた当時の感想はどうだったか」との質問に、「撮影の過程で2度のキスシーンがあった」「しかし監督が映画をスムーズにするための選択だったとおっしゃった」と答えた。

シン・セギョンは劇中パイロットを夢見るが、身体的な障害で挫折した操縦士ユ・セヨン役を引き受けた。パイロット役であるRAINとロマンスを見せる映画の中心人物だ。特に撮影当時2度のキスシーンがあったが、この日の試写では全て編集でカットされており、興味を引いていた。

彼女は「キスシーンの感想は…」と間をおいた後「よかったです」と照れくさそうに笑った。これに対しシン・セギョンはenewsに「個人的にはとても残念です」と感想を明かし、最後に彼女は「一生懸命、最善を尽くしました」と付け加えた。

『R2B』はソウル上空に正体不明の戦闘機が出現し、空襲警報が発令され、これに21戦闘飛行団が非常出撃して繰り広げられるエピソードを描いた映画。15日封切。


写真=ホ・ジョンミン記者

Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news