Go to contents

ドラマ「第3病院」、少女時代スヨン、最後の撮影に号泣

Rating Rating more One Star

2012.08.06 16:30 Mwave harumi takagi

メディカルドラマ「第3病院」に出演の少女時代スヨンが8月5日に最後の撮影を終えた。

少女時代スヨンがドラマの主演に初挑戦、寒さ残る3月から真夏の8月までの5ヶ月間「第3病院」の撮影に臨んでいたスヨンの最後の撮影で現場は涙の嵐となった。

ドラマ「第3病院」、少女時代スヨン、最後の撮影に号泣

カットの声と共に彼女の演技が終わると、ドラマで彼女と一番撮影シーンが多かったスンヒョン役のオ・ジホがケーキを持って現れ、彼女のクランクアップを祝った。スタッフ達からの温かい拍手の中、ケーキのろうそくの火を消したスヨンは、我慢していた涙が溢れた。泣きながら最後に感想を話す姿にスタッフももらい泣きしたという。

この日のスヨンは100人余のスタッフに直接書いた手紙と少女時代のサイン入りCD、ホワイトニング化粧品セットをプレゼントした。気配り上手で雰囲気メーカーの彼女を見送るスタッフは徹夜を通しての撮影が残っているにも関わらず彼女の為にパーティーを開き、楽しい時間を過ごした。

「第3病院」は、漢方と洋方を合わせた病院内の神経外科を背景にしたメディカルドラマで、神経外科専門医のキム・ドゥヒョン(キム・スンウ)と天才漢医師のキム・スヒョン(オ・ジホ)の仕事と愛においての運命的な対決を描く。これまでの医学ドラマでは見られなかった漢方と洋方という独特な素材を扱い、方法は違うが、患者の完治を願う気持ちは同じ二人の医師としての熱い情熱と熾烈なプライドをかけた対決が見物だ。

9月5日に初放送される。

写真提供: tvN

Tag
少女時代 20120806 オ・ジホ 20120806
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news