Go to contents

キム・グァンス代表、ファヨンのT-ARAへの再合流の可能性表明

Rating Rating more One Star

2012.07.31 10:44 Mwave harumi takagi

T-ARAの所属事務所のコアコンテンツメディアキム・グァンス代表が、元メンバーファヨンの再合流の可能性について、立場を表明した。

キム・グァンス代表、ファヨンのT-ARAへの再合流の可能性表明

キム代表は30日、自身のツィッターに英文で「ファヨンの最近の行動は、コアコンテンツメディアを困難な状況にした。こういった理由から私は彼女の契約を解除した。」、「ファヨンが許しを請うならスタッフとT-ARAメンバーと彼女の再合流の可能性を論議する。」と明らかにした。

しかしキム代表は、「ファヨンが許しを請うまでは彼女が自分のした行為について責任を取らなければならない。」と述べた。

キム代表はこの日の午後、報道資料を通じてファヨンの行動によって19人のスタッフに迷惑をかけ、彼らとの会議の結果、ファヨンと契約を解除する事に決定したと発表した。

最近浮上しているファヨンのいじめ説にT-ARAメンバーに対する非難の声が高くなると、所属事務所は報道資料を通じてファヨンの行動について暴露し始めた。しかしこのような行動がまた新たな暴露戦を生み、人々は様々な掲示板を通じてメンバー達が番組から降りるように強く要求している。


Tag
T-ARA 20120731
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news