Go to contents

Kim Jae Won Holds Fan Meetings in Korea and Japan

Rating Rating more One Star

2011.09.07 17:02 Mwave Oh, MiJung

Hallyu star Kim Jae Won had a great time with his fans both in Korea and Japan.

MBLAQ(スンホ・ジオ・イジュン・チャンドゥン・ミル)がアジアを駆巡る。

MBLAQは30日、インドネシアのジャカルタ公演を初めとし、7月7日のバンコク、7月21~22日のソウル、7月26日の大阪、7月30~31日の東京、8月18日の台北など、アジア6つの都市でアジアツアー‘BLAQ%’を開催する。

2009年のデビュー後、ずっと活動を広げてきた誠実なグループのMBLAQは、アジアの舞台でより多くのファンと出会う予定だ。

現在MBLAQは初の海外単独公演を目の前にし、練習に励んでいる。江南のMBLAQの練習室でMBLAQのメンバーと会う事ができた。大切な公演を目の前にした彼らはどんな時よりも興奮している様子だった。

Kim Jae Won Holds Fan Meetings in Korea and Japan

Kim Jae Won Holds Fan Meetings in Korea and Japan

Kim Jae Won held a fan meeting on August 28 at Japan’s Tokyo Yurakucho Yomiuri Hall, to celebrate the 10th anniversary of his debut and also the formation of his official Japanese fan club. About 1500 Japanese fans came to welcome Kim to Japan.


On that day, Kim Jae Won sang three songs including Over the Rainbow to repay his fans for their love.



Kim Jae Won followed up the overseas event with a fan meeting for his Korean fans on September 4. Kim met with around 1,000 members from his official fan club, ‘Cho Ji Il Gwan (Stay The Same Till The End)’ at Ewha Womens University’s Samsung Hall.



Kim Jae Won sang five songs, including his new song Dazzling; a representative said that Kim Jae Won will “prepare more than ten songs in the future and host a fanmeeting event like a concert.”


Kim Jae Won told his fans that it has been ten years since he “unexpectedly became an actor,” and added that he feels he is a “very lucky and happy person.”


He added, “I will think of acting as a vocation, and never become arrogant but always be thankful. I thank all of you for your support and encouragement.”


An official stated, “Currently Kim Jae Won is planning his future activities and is considering offers from various broadcasting systems.


Photo credit: Kim Jae Won’s fan club ‘Cho Ji Il Gwan’

-公演を控えているが、気分はどう?

スンホ:海外での初の単独公演なのですごく緊張してます。たくさんの人達の応援のお陰です。

-公演を期待してもいい?どんな見所が?

スンホ:今までの曲の感じと大分変わると思います。またソロのコーナーでも見所がいっぱいです。一度も見せた事のない舞台をお見せします。きっと特別なプレゼントになると思う。マジックとダンス、ピアノなど、色々準備してるんですよ。

イジュン:今までの僕達のコンテンツをリメイクする予定なんです。ダンスもあって歌もある。新しく生まれ変わるつもりです。

-所属事務所を代表する歌手のピ(チョン・ジフン)は公演に関して何と?

スンホ:練習は厳しくしても、舞台では全てを忘れて楽しめといつも話してくれます。渾身の力を出して練習をし、死ぬほど辛いときにこそ笑えという話もしてくれました。そうすることで、ファンにより感動を与えることができると。でもなかなかそれが上手くいかない。辛い時は辛いから笑うなんてできない。だからピさんってすごいんです。

-最近アイドルグループは地方より海外によく行ってるが、Kポップ熱風の影響か?

スンホ:そうです。地方では単独公演はできなかったけど、海外ですることになりました。日本の東京へは韓国の地方よりもよく行ってます。だけど一方では心配にもなります。あまりに多くのものをお見せしたことで神秘感がなくなっていくみたいで。ほとんど全てのKポップスター達が海外に行きます、海外ファンも(僕達がよく日本に行ってるので)公演を絶対見なくちゃって思わないみたいです。

-海外活動をしてきて面白いエピソードは?

スンホ:MBC‘カバーダンスフェスティバル Kポップロードショー’という番組で昨年の夏、ブラジルに行った事があるんです。キューブエンターテインメントが昨年末に南米で公演をしたんですが、僕達の方が先にブラジルに行ったんです。南米にKポップアイドルが行ったのはその時が初めてだって言ってました。僕達が南米で知られているかどうかもわからなかったけど、空港に3000人余りの人が来てくれました。ファンと交流をしたかったけど、保安上の理由でファンに会えなかったんです。空港まで来てくれた人達は何日も待ってくれてたって聞きました。ホテルにも5000人余りのファンが駆けつけてくれて。それで現地の番組に突然出演することになりました。ペルーやアルゼンチンからもファンが来てくれたみたいです。ものすごく楽しかったです。あの時空港まで来てくれたファンの皆さんにツィッターで感謝と謝罪の挨拶をさせてもらいました。(Wi-Fiが繋がらなくて)データ通信を使ったので、電話代が10万ウォンも超えちゃったけど、感謝の気持ちを伝えなきゃって思いました。

-海外ファンが好きな歌とパフォーマンスは何?

スンホ:歌のリフレイン部分を英語で歌ってるんですが、すごく喜んでくれてるみたいです。僕達の歌はリフレイン部分が英語になってるものがすごく多いんです。だから多くの人達に愛されているんだと思います。ファンの雰囲気は少しずつ似てきてるような気がします。最初は日本のファンの皆さんは静かに歌だけを聴いてくれてたんですが、最近は韓国のファンの皆さんみたいに熱くなってくれてる。僕達が日本語が上手になるスピードより日本のファンの韓国語の方が上手になるのが早いですね。

ミル:韓国で喜ばれてる事は全て喜んでくれてるみたいです。

Kim Jae Won Holds Fan Meetings in Korea and Japan

-Kポップの歌手達が民間の外交官という役割をしていますが、責任感は感じる?

ジオ:海外での行動に特に気をつけています。僕達に対する関心は韓国に対する関心に繋がっていくと思うんです。ミルと一緒にペルーにボランティア活動に行った事があるんですが、そこにもファンがいたんです。ファンに会いに行く為の活動ではなかったんですが、そこで会った幼くて可愛いファンが携帯電話で僕達の歌を聞かせてくれて、テコンドーの話をしてくれました。僕達だけではなくて韓国も好きなんだなって思ってすごく嬉しかった。デビュー当時は日本に行けただけでも幸せだったけど、今は全世界を舞台に活動している。全世界が僕達を見てるんだなって誇りに思ってます。

-世界で成長していく為にMBLAQがやらなければならない事は?

ジオ:やらなければならない事はないと思います。僕達が楽しむことが何より大事だって思うんです。ファンが喜んでくれる音楽をしていきます。

スンホ:今まではただ走ってきたけど、余裕を持ってミュージシャンのように音楽をやりたい気持ちもあります。音楽的にしっかりしたグループになっていきたいんです。僕達はアイドルグループだけど、各自音楽に対する考えははっきりしています。僕は小さい時、Crying Nutが大好きでした。

-事実、MBLAQはボーカルがしっかりとしたグループだ。アイドルグループだからと歌の実力にスポットライトが浴びてないこともありますが?

ジオ:そんなことないですよ。むしろアイドルグループで良かった点も多いです。大きな期待をしてなかったのに、実力をお見せすると驚いてくれる。アイドル歌手がこんな風に歌うんだなって喜んでくださいますよ。

-ジオは現在、ドラマ‘幽霊’に出演しているが、各自ソロ活動に対する欲はない?

ジオ:演技に対する欲がありました。歌手達は音楽番組やバラエティ、インタビューをしたりでスケジュールが多く、一つの仕事に集中する事が難しいんです。でも俳優さん達は撮影に入ると集中できるから、それがすごく羨ましかった。集中していくと自分から解放されるって聞きました。僕も今演技に対する魅力を感じています。これからも続けていきたいですね。

スンホ:とりあえずは歌手としてもっと成長していく姿をお見せしたいです。小さい頃にピアノを弾く役でドラマ‘バンオルリム(四捨五入)’に出演した事があります。それが最初で最後でした。高校から演劇をしてはいたけど、ダンスをしてる時の方がもっと楽しかったですね。

チョンドゥン:機会があれば何でもやってみたいです。特に作詞・作曲は歳を取って死ぬまでやっていきたい。

イ・ジュン:特別な計画はないです。

ミル:演技は機会があればやりたいです。演技よりラップをもっと上手になりたいですね。

Kim Jae Won Holds Fan Meetings in Korea and Japan

-今まで慌しく駆け抜けてきたが、休暇をもらったらやりたい事は?

スンホ:MBLAQのメンバーで旅行に行きたいです。いつも外国に仕事に行くだけで遊びに行った事がないんです。皆で一緒に休みたいですね。お酒も飲みたいし(笑)僕達は外出禁止や恋愛禁止などはないんです。でも好きにしていいって言われたらむしろ何もできないですね。

ミル:僕も同じ考えです。メンバーと海外旅行がしたい。故郷(全羅南道 長城郡)の友人達と村の渓谷でテントを張って遊んだりもしたいです。

ジオ:メンバーと余裕のある時間を過ごしたいです。僕達だけで遊ぶのが習慣になって何をしろと言われても何もできない。ただゆっくり休みたいです。曲も作りたいし。

チャンドゥン:ギターを習ったり、行き当たりばったりの旅行も行ってみたいです。

イジュン:家でただゆっくり休みたいです。僕すごく寝る方なんです。慢性的に疲労が溜まってるんですよ。

-最後にアジアツアーへの意気込みを。

ジオ:日本を除いて全て久しぶりに行く国が殆どです。多くのファンが待ってくれてると思いますが、期待していてください。

ミル:身のしっかり詰まった公演をお見せします!

写真 = J. Tune キャンプ提供

Tag
Kim Jae Won 20110907
Any copying, republication or redistribution of Mwave's content other than for personal uses is expressly prohibited Without prior permission from Mwave. Copyright infringement is subject to criminal and civill penalties.

ENEWS WORLD

search news